桶谷式とは

桶谷式治療手技(乳房マッサージ)とは、故桶谷そとみ師が考案された
痛くない・よくでる 乳房マッサージ」です。

第二次大戦中、助産師として仕事をしていた満州(現:中国東北部)で、栄養状態が悪いために命を失う乳児を目のあたりにし「母乳さえ出れば・・・」と試行錯誤の中であみだしたのが桶谷式乳房治療手技です。この手技によって多くの赤ちゃんの命が救われました。


この手技は昔から行われている痛いマッサージとは違い、乳房の基底部(乳腺体の後面)の伸展性をよくしておっぱいをスムーズに出す独自のマッサージで、痛みを与えることなく全身の爽快感と安楽を母親に感じさせリラックスさせる方法です。

母親がリラックスすることは、母乳分泌に必要なホルモン(オキシトシン・プロラクチン)の分泌を高め乳汁分泌を促進する効果があります。
また、赤ちゃんが飲みやすくなるように乳房を整え、乳腺炎や乳頭の損傷、陥没乳頭などの乳房トラブルにも有効です。また断乳後の乳房ケアも行います。

乳房の状態を整えるとともに、適切な授乳方法(抱き方・飲ませ方)はとても大切です。 抱き方・飲ませ方の指導も行い、母乳育児を行うお母さんと赤ちゃんの支援をします。

故桶谷そとみ師は、助産師として3年以上の臨床経験があり、さらに桶谷式乳房管理法研修センターで1年間研修することによって一定の技術レベルに達した者を、「桶谷式認定者」とする認定制を採用し、研修終了後も手技の向上を目指して、認定者が互いに切磋琢磨するよう
「桶谷式乳房管理法研鑽会」を組織しました。

認定者はこの研鑽会に所属し研修・勉強会に積極的に参加しながら全国で活躍し、開業して地域に密着した活動をしたり、病産院に勤務しながら、桶谷式認定者としての専門性を発揮しています。